リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違いを簡単にご説明しますと、リフォームは建物や部屋の一部を元の状態に戻してきれいにする事、一方リノベーションは例えば部屋と部屋の間を取リ払ったりしながら大きく部屋を改装し暮らし方を変える事が出来るもの、と定義することが出来ます。

リフォームとは

キッチン、洗面、トイレ、お風呂、壁紙や床など、古くなったものや、壊れたものや、痛んだものを新しいものに取り換える。
外部であれば痛んだ屋根や外壁を塗る。
「元に戻す」
「新しいものに変える」
「維持管理する」

この3つがリフォームになります。

リノベーションとは

リノベーションは新たに付加価値をつける事により暮らし方を変化させる事ができます。

キッチン

壁付けのキッチンを対面にする
→家族と対話をしながら料理ができるようになる。

キッチンをL型にする。
→流しとコンロへの移動導線が短く機能的に料理ができるようになる。

トイレ

和式のトイレを洋式にする。
→足腰に負担がかからないようになる。

トイレ内に便器の手洗い器とは別に壁に埋め込んだ手洗い器を設置する。
→トイレの雰囲気がすごくおしゃれになる。

お風呂

1坪タイプのお風呂を1.25坪タイプや1.5坪タイプにして、脱衣室もあわせてバリアフリーにする。
タイル張りで寒いお風呂を暖かなユニットバスにする。
→子供さんやお孫さんと一緒にお風呂に入れたり、つまずく危険がなくなるようになる。

お部屋

隣あった和室とキッチンの間の壁を取り払い、2つの部屋をつなげて全てフローリング貼りの広々としてリビングダイニングにする。
→開放感のある部屋で、キッチンに立つ人も家族やゲストと一緒に楽しく過ごせる部屋になる。

導線の変更

子供たちの独立に合わせて細切れだった子供部屋を趣味用の大きな部屋にするため階段の位置を変える。
→一番よく使うリビングと2階の行き来が楽になったり、リビングにゲストがいらしていてもそこを通らずに2階に行けるようになる。

外装

外壁を貼り替え、その際に柱に筋交を入れる。屋根を瓦から断熱性のある金属屋根にする。
→「和」イメージの家からモダンなイメージの家になり、耐震性もあがる。

リフォームとリノベーションを比べて

いかがですか。リノベーションはリフォームより大きな変化があると思いませんか。
古いものを元の状態に戻す、新しくする、維持管理するのがリフォームでした。
それに対して、今までの住まいと機能が大きく変わっていますし、暮らし方が変わっています。
感じる思いが変わっています。
きっかけは、家族構成の変化かもしれませんし、中古のお家を購入したからかもしれません。
いずれにしてもそのお家がそれまで持っていた機能や価値とは別の価値機能を持つお家に変化しているのです。
まとめ

リフォームとは、元の状態に戻す、新しくする、維持管理すること。
リノベーションは、新たに付加価値を付けることにより暮らし方まで変化させる。

よくあるリノベーションは

① 家族構成が変わるため
子供が独立して、これからの生活は2人くらいでゆったり暮らしたい。
両親の介護をしなければならなくなり、暖かさやバリアフリー、車いすに対応した家にしたい。

② 理想を実現するため
自分の理想に近い立地や間取りや内装の家が欲しいが、費用がかかり過ぎるため中古のマンションや戸建てを購入してそこを自分の理想に近づけたい。

リノベーションの注意点

① 総合力がある
最も大きな違いは、大きな変化を起こすにはしっかりとして管理と技術力が必要だということです。
和式トイレを洋式トイレにするには、トイレの床を壊して新しい給水管と排水管を設置しなければいけません。
お風呂を拡張するために増築が必要な場合は確認申請という許可が必要な場合もございます。
壁をとって部屋と部屋をくっつけるには、その壁や壁の中の柱を取り払っても建物の耐震性を著しく下げてしまわないかという判断が必要です。
職人さんも多く入るので新築住宅を建てるようなしっかりとした管理も必要です。
内装だけが得意とか水回りだけが得意というだけではなかなかできないのがリノベーションといえるでしょう。

② 責任力がある
全体的な金額もそれなりに大きくなります。
金額が大きいなる分、工事を途中で投げ出されたり竣工後にアフターに来てくれない、ということは避けなければなりません。
業者さんによっては商品を全て業者さんが決めてしまって「ご予算からするとこれになります」という場合もありますし、完成後にアフターを求めても「今行っている時間がない」ということが時折あるのです。
会社として責任をもって、しっかりフォローしてくれる業者選びが大事です。

③ ノウハウを持っている
リノベーションは段取りと関連機関への手配と諸費用など必要な作業が多岐にわたります。
いくつもの複数の工事を一度にする場合には、工期が1ヶ月~4ヶ月と非常に長期にわたるため、金額も大きくなりますし、仮住まいの必要性や資金の調達が必要となります。
もし中古物件を購入するのであれば物件探しから始まり、購入後には登記や不動産取得税・固定資産税・都市計画税などの資金もかかります。
想定以上の予算がかかってくる事になります。
さらに、工事はA工務店、仮住まいはB不動産、資金はC銀行とそれぞれにアドバイスを求めるのはとても大変です。
そういったことを全て一か所で行えれば、手間が少なくなります。
また、工務店や不動産や銀行にきちんと目的を伝えられるので、無駄なお金や手間が発生せずに済みます。

ライフリフォームでは

一級建築士事務所として30年以上の実績、また構造設計を得意としており間取りの変更を伴う大規模な増改築を得意としておりますし、複数の工事業者さんや職人さんをまとめていくことができます。

創業から堅実な経営で、個人のお客様のみならず上場ゼネコンさんやハウスメーカーさんもお客様です。平成25年には金融機関から優良企業として表彰もされております。
担当者個人と会社としてお客様のフォローを行ってまいります。

金融機関、司法書士さん、不動産業者さんなどをコーディネートしてお客さまの手間と無駄な費用を減らしております。

しっかりとお客様のリノベーションにお応えすることが可能です。
リノベーションをお考えの方は、是非、一度ライフリフォームまでお問い合わせください。
無料ご相談 無料お見積り承ります!![ 施工エリア ]文京区 台東区 豊島区 北区 荒川区 足立区 ※ご相談内容によっては、現場調査(無料)が必要となります。あらかじめご了承ください。
お問い合わせ・お見積もりは  お急ぎの場合はお電話で 0120-82-1146 お気軽にご相談ください お問い合わせフォーム お見積もりはこちらから